×

Geoff Johns ( 原作者 )

略歴 :

ジェフ・ジョンズ

ジェフ・ジョンズは1973年1月25日、ミシガン州デトロイト生まれ。
学生時代にクリス・グリミンガーと出会う。二人は親交を深め、その後、そこからさまざまな共作が生まれる。ジョンズはミシガン大学で映画を専攻し、映画をあらゆる角度から学ぶ(脚本、制作、理論、メディア)。
学業を終えると、彼はロサンジェルスに移住し、リチャード・ドナーのもとで研修を行い、その後、4年間、助監督を務めた。彼は『陰謀のセオリー』と『リーサル・ウェポン4』でドナーと一緒に仕事をしている。
この時期、彼はコミックスの脚本の仕事に乗り出し、DCコミックスで『スターズ&ストライプ(Stars & S.T.R.I.P.E.)』を出版している。
それ以降、さまざまなタイトルが彼の名義で出版されている。その中には、『フラッシュ』、『ティーン・タイタンズ』、『JSA(ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ)』、『ホークマン』、『アヴェンジャーズ』、『バットマン』、『グリーン・ランタン』、『インフィニット・クライシス』、『JLA(ジャスティス・リーグ)』といったタイトルも含まれている。
2002年には、『メタル・ユルラン』135号に作品を寄せている。
2003年、クリス・グリミンガーとの共作が始まる。彼らは、DCコミックスで『ポゼスト(The Possessed)』を出版し、ついでトップ・カウの『ウィッチブレイド』にも関わった。
2004年、二人は次の共作として、ユマノイドから『オリュンポス』を刊行。作画はブッチ・ガイスが務めた。

Albums parus chez Humanoids :