×
Espaceur
Espaceur

煙突を抜けるとそこは――。煙突掃除の少女が見つけた世界の秘密。世界はいったい誰の夢なのか!?『青い薬』のフレデリック・ペータース最新翻訳。

原作 : Pierre Wazem
作画 : Frederik Peeters

ファンタジー
1巻刊行
続刊刊行予定
 

父親を手伝い、煙突掃除をする少女アディダス。母親は他界し、父と2人、慎ましくも、楽しい日々を過ごしていた。彼女の悩みは突然理由もわからず気絶してしまうこと。その回数は次第に増え、気絶している時間も徐々に長くなってきている。ある日、煙突の奥深くへと迷い込んだアディダスは、人間よりも一回りも二回りも大きい怪物に出くわす。彼らは地中深くで、人間の能力や体調、感情すらも制御する機械の管理をして暮らしているのだ。アディダスの謎の発作もこの機械の不調が原因だった。やがて、機械の存在を嗅ぎつけ、それを我が物としようとする輩が現れる……。
ある少女の冒険を通じて、夢と世界の謎に迫る寓話的ファンタジー。

Liste des éditions