×

Kris Grimminger

略歴 :

クリス・グリミンガー

クリス・グリミンガーは1974年生まれ。
ミシガン大学での学生時代にジェフ・ジョンズと出会い、深い親交を結ぶ。
脚本家として仕事をすべく、ロサンジェルスに居を定める。
2003年、転機が訪れる。
ジェフ・ジョンズと共にDCコミックスとサインを交わし、彼は『ポゼスト(The Possessed)』の脚本を手がける。作画を担当したのはリアム・シャープだった。この作品には、グリミンガーが愛してやまないホラー映画の影響が垣間見える。
同年、彼はやはりジェフ・ジョンズとともに、トップ・カウの『ウィッチブレイド』の1エピソードを手がける。
2004年、再びジェフ・ジョンズとともに、新シリーズ『オリュンポス』の脚本を手がける。出版社はユマノイド、作画担当はブッチ・ガイスで、その第1巻「パンドラの箱」が同年中に出版された。この作品は、映画『ジュラシック・パーク』や『タイタンのたたかい』を彷彿とさせるエンターテインメントで、古代ギリシャの神話世界を舞台に超現実的な叙事詩が展開される…

Albums parus chez Humanoids :