ユマノイドのブログ

ユマノイドのブログへようこそ。ここでしか得られないユマノイド・ワールドに関する記事や資料、インタビューをお楽しみください。

エントリーリスト

メビウスやフアン・ヒメネスなどの名作を英語で読もう! eBookJapanでユマノイドのバンド・デシネの英語版が配信開始!

2017年7月2日日曜日

従来より、電子書籍サイトeBookJapanにて、ユマノイドのすべてのタイトルを日本語版で配信しておりましたが、今月から英語版の配信を開始しました。お値段は日本語版と同じく、フランス語版1巻分(日本語書籍版の第1章)がたったの500円!

http://www.ebookjapan.jp/ebj/s...

メビウスの『猫の目』やフアン・ヒメネスの『メタバロンの一族』を英語で読んでみてはいかがでしょうか。
英語でさらにユマノイドの世界が広がります!
ぜひ、お試しください。

Humanoids-english-titles-ju_defaultbody

今月の英語版の10タイトル:

The-eyes-of-the-cat_defaultbody

The eyes of the cat(猫の目)
作: Alejandro Jodorowsky (アレハンドロ・ホドロフスキー)  画: Moebius(メビウス)
http://www.ebookjapan.jp/ebj/4...

二人の巨匠、アレサンドロ・ホドロフスキーとメビウスによる、初のグラフィック物語コラボレーション


荒廃した夢の世界において、男と鳥、猫は、独特な黙示録的で詩的な方法で影響し合う。伝説のSF作『インカル』のクリエイターであるアレキサンドロ・ホドロフスキーとメビウスは、当初この1978年のコラボにおいてチームを組んでおり、読者を魅了させる方法でセリフとイメージが交互に入れ替わる。

The-Metabarons-1_defaultbody

The Metabarons(メタバロンの一族)
作: Alejandro Jodorowsky
(アレハンドロ・ホドロフスキー)
 画: Juan Gimenez(フアン・ヒメネス)
http://www.ebookjapan.jp/ebj/4...
思考力と独創性の両面で非常に大きな世界で語られる家族、犠牲、サバイバルに関する大規模なスペースオペラ

『アンカル』の究極の戦士の魅力的な血統を主軸としたメビウスとホドロフスキーによる一読すべきカルトスピンオフ。このコレクションはメタボルンの血統を紹介しつつ、深く根差した彼らの主義の起源を暴く。一族の巨額な富の源を見つけ出し、なぜメタボルンが人口脳科学による移植を行ったのか、そしてなぜ次のボルンになるただ一つの道が、死闘の末、自らの父を倒すことであったのかを知る。それぞれの歴代の世代が、拝金主義、支配、テロによって堕落したギャラクシーにおいて、対峙するため集積された部隊に打ち勝つため奮闘する。

Adam-Sarlech-1_defaultbody

Adam Sarlech(アダム・サーレック)
作・画 : Frederic Bezian
(フレデリック・べジアン)

http://www.ebookjapan.jp/ebj/4...

19世紀半ばの愛、復讐、死への探求が織り合わさった三部作に誰もが心奪われる
読者を夢中にさせる世界が、調子の狂ったゴシック・サガの最初のページを恐れずに読み進める者を持ち望んでいる。風変わりなキャラクターと怪奇現象が詰め込まれた世界。隠されたナゾ、オカルト、悪霊、スピリチュアル交霊会、抑圧された衝動にあふれるラブクラフトとポーのヒントが、フレデリック・ベツィアンの賞を受賞した文学的で壮大なダークファンタジーで繰り広げられる。

Brussli-1_defaultbody

Brussli(ブルスリー)
作 : Jean-Louis Fonteneau
(ジャン・ルイ・フォントノー)  
画 : J.Etienne(J ・エティエヌ)

http://www.ebookjapan.jp/ebj/4...


ドラゴン少年ブルッスリによる楽しさ満載の類まれな冒険。
半分ドラゴン、半分人間の少年ブルッスリは、村の子供たちにいじめられていた。勇敢な心を持つブルッスリは、自分の本当の親を知るべく、冒険と発見の旅に出る。冒険によって、彼のそれまでの世界は大きくひっくり返り、見たこともない不思議な生き物たちと出会う。妖精や喋るうさぎ、ずる賢い狼、戦い慣れた修道女、悪魔などなど。感動的な心温まるコメディアドベンチャーである。

Izuna-1_defaultbody

Izuna(イズナ)
作: Saverio Tenuta  (サヴェリオ・テヌータ)Art: Carita Lupatelli(カルリタ・ルパテッリ)
http://www.ebookjapan.jp/ebj/4...
太古の昔より、イズナの狼たちは悪霊と対峙するための神の護衛に任命されていた。『紅い雲の伝説』の秘刀に纏わる不思議な世界に舞い込む。
遥か昔から、自然の霊は、人間の不浄な目から彼らを隠す魔法のベールである神隠しを創造した。以来、霊と人間はもはや互いに目を合わせることもなく、それぞれ異なる世界に属するかのように生きていた。そんなある日、ノッゴが突然現れた。ノッゴがどのように現れたのかは、知る由もなかったが、ノッゴの悍ましい闇は神の世界に影響を及ぼし始めた。御神木ムネモリは、神の世界を護るべくノッゴの恐ろしい害悪と戦う力を持つイズナを創り出す。しかし、小さな女の子の姿として生まれた幼い狼イズナは、霊界と人間界との微妙なバランスを崩し、世界が混沌へと向かう兆候を見せる。

Monsieur-Jean-1_defaultbody

Monsieur Jean(ムッシュ・ジャン)
作・画: Philippe Dupuy(フィリップ・デゥピュイ), Charles Berberian
(チャルル・ベルベリアン)
http://www.ebookjapan.jp/ebj/4...

イケメンパリジャン小説家の魅力的で人間味あふれるアドベンチャー。比類ないヨーロッパの感覚を物語る

若い小説家ジャンの毎日とその避け難い経験に基づいた災難が、デュピュイとベルべりアンという才能ある二人によって面白おかしく描かれる。予想できない旧友の訪問、義理の両親のもとへの旅、子供の誕生、書き手の妨害による挫折、気分屋の大家などどんなことがあろうと、ジャンの人生と時間は、優しさと皮肉の活気を共有する。大人に常に付きまとう懐古の情と滑稽な不条理に満ちたシリーズ。

Pietrolino-1_defaultbody

Pietrolino(ピエトロリーノ)
作: Alejandro Jodorowsky
(アレハンドロ・ホドロフスキー)
 画: Olivier Boiscommun
(オリヴィエ・ボワコマン)

http://www.ebookjapan.jp/ebj/4...

ナチに占領されたフランスでの愛と芸術と裏切りの物語~特別な物まね師の試練と苦難
物まね師としてのスキルを活かして迫害者と立ち向かい、ナチの占領によって傷ついたフランスの心を元気付けるピエトロリノの物語である。劇場上映のためのグラフィック小説の脚色は、フランスの有名な物まね師マルセル・マルソーのために、多面的なアレサンドロ・ホドロフスキーによって書かれた。ヨーロッパの著名なアーティストO.G. Boiscommunによって、ここに詩的に命を吹き込まれる。

Snow-Day-1_defaultbody

Snow day(スノー・デイ)
作: Pierre Wazem  (ピエール・ワゼム)
画: Aubin(オーバン)

http://www.ebookjapan.jp/ebj/4...

アメリカのハートランドで起こった氷のような詩的犯罪。

隔離され雪に覆われた小さな町に赴任した保安官は、自分の居場所を見つけようと奮闘する。この町に住む人々は、他人に関心がなく、よそ者には親切に接しない。自分のことにしか興味がない人々なのであるが、奇妙なことに、彼らは自分のしたいことをしているのだ。落ち着いたもの静かな保安官が、仕事に取り掛かろうと決意するまでは…。

The-bombyce-network-1_defaultbody

The bombyce network(ボンビス・ネットワーク)
作: Cecil(セシル), Corbeyran(コルベ―ラン)  画: Cecil(セシル)
http://www.ebookjapan.jp/ebj/4...
人間関係のねじ曲がった物語が、美しき時代として知られる20世紀初頭のフランスのレトロな未来バージョンで繰り広げられる。しかし、実際はそれとは程遠いのだが。
ユスターシュは、失われた子供時代を含む難しい過去の重荷を背負って生きている。彼と泥棒でありパートナーでもある仲間のムーシュは、生きていくため裕福な家々に押し入る。ある日、彼らは、こじ開けたばかりの金庫で衝撃的な発見をする。実際の殺人シーンを撮影したフィルムで、殺人者たちが性的行為にふけるものであった。このぞっとするような発見の後、殺人に関する裁判が始まる。多くの作品を残したヨーロッパのスターであるコルベイランとセシルによる作品。

Armies-1_defaultbody

Armies(アーミズ)
作: Jean-Pierre Dionnet(ジャン・ピエール・ディオネ), Picaret(ピカレ)  画: Jean-Claude Gal(ジャン・クロード・ガル)
http://www.ebookjapan.jp/ebj/4...
未開で古風な背景における制御不能の軍と不屈のヒーローを主役とする物語のコレクション
メタル・ユルランの出資者の一人であるジャン=ピエール・ディオネは、1970年代後半に彼がジャン=クロード・ガルと協力した際、コミックにおける新しいジャンルとして、ヒロイックファンタジーを始めた。それは、すぐにその後、数多くのファンを得て、大きく成長してきた。この作品は、このジャンルのファンにとって、そのルーツへ戻れる良い機会だ。ガルの複雑な描写の助けを借りて、読者自らが軍隊の前進をフォローしているかのような戦争の破壊的な効果と、アーンの血生臭い復讐の旅を体感せよ。

タグ : --