ユマノイドのブログ

ユマノイドのブログへようこそ。ここでしか得られないユマノイド・ワールドに関する記事や資料、インタビューをお楽しみください。

エントリーリスト

『アンカル』新装版、12月18日発売!

2015年12月18日金曜日

皆さま、たいへん長らくお待たせいたしました! しばらく発売延期になっていたホドロフスキー作、メビウス画、SFバンド・デシネの金字塔『アンカル』新装版がついに12月18日(金)に発売です!

THE-INCAL_JP_COVER_web_defaultbody

1970年代半ば、ホドロフスキーとメビウスは、フランク・ハーバートの小説『デューン』の映画化企画に関わっていました。しかし、おそらく映画の歴史を変えたであろうその一大プロジェクトは、結局は頓挫し、二人は失意に打ちひしがれます。その辺りの事情をフランク・パヴィッチの映画『ホドロフスキーのDUNE』でご覧になった方も多いことでしょう。

映画『デューン』を諦めざるをえなくなったホドロフス キーとメビウスは、次の戦いの場所をバンド・デシネに求めます。まずできあがったのが『猫の目』、それに続いたのがこの『アンカル』です。物語の主人公こそさえないR級探偵ジョン・ディフールですが、後半、彼が宇宙を救うさまは、ホドロフスキー版『デューン』そのもの。そう、『アンカル』とは『デューン』の夢に破れたホドロフスキー&メビウスのリベンジに他ならないのです! ホドロフスキーファン、SFファンの皆さん、決して見ることができないホドロフスキー版『デューン』に思いを馳せつつ、『アンカル』を読んでみてください!

もちろん作画担当のメビウスの存在も忘れてはなりません。1960年代にジャン・ジロー名義で描いた『ブルーベリー』と1970年代半ば以降のSF短編 で広く知られていたメビウスですが、彼が世界的名声を獲得したのはこの『アンカル』を通じてでした。メビウスはその圧倒的画力で有名ですが、それはさまざまな表現技法を学んでいくことで獲得されたものです。彼の絵の変容の軌跡はほぼ10年間に及んだこの『アンカル』を読むことで辿ることができます。メビウスの圧倒的画力を満喫してください!
しかもこの新装版では、『アンカル』に隠されたさまざまな謎を解き明かした「アンカルの謎」を収録! ファン必携の完全版となっています!

『デューン』で手を組むはずだったホドロフスキーとメビウスが、舞台をバンド・デシネに変えて手を組んだ『アンカル』。バンド・デシネのみならぬ、世界のマンガの大傑作をぜひお見逃しなく!

Incal-1_1_defaultbody
Incal-2_1_defaultbody

奇才ホドロフスキーと天才メビウスが結びつき、生まれた衝撃のスペースサーガ!

世界中のクリエイターを陶酔させ続ける伝説のフランスコミック
謎多き本編を紐解く解説集『アンカルの謎』を併録し、再起動!

Incal-3_defaultbody
Incal-4_defaultbody

THE INCAL (『アンカル』)

作:Alexandro JODOROWSKY(アレハンドロ・ホドロフスキー)

画:MOEBIUS(メビウス)

Incal-5_defaultbody
Incal-6_defaultbody

これを読まずしてSFは語れない。カルトの帝王アレハンドロ・ホドロフスキーとBD界の天才画家メビウスによる壮大なスペース・オペラ『アンカル』。
ウイスキーと人造娼婦とドラッグをこよなく愛するR級探偵ジョン・ディフールの日常は、謎の生命体"アンカル"を手に入れた日から一変する。クローン手術を繰り返す大統領、ミュータント、異星人、化学兵器、階級間の争い、陰謀……ジョンの行く先にはさまざまな試練が待っている。宇宙と人類の運命を懸けた果てしない大冒険の先に、ジョンが見たものとは?アンカルとは何なのか?人はどこから来て、どこへ行くのか?

Incal-7_defaultbody
Incal-8_defaultbody

ホドロフスキーの哲学とメビウスのアートが生み出した、世界的ベストセラー!

​『フアン・ソロ』、12月10日発売!

2015年11月27日金曜日

ユマノイドとパイインターナショナルがお届けする2015年のバンド・デシネ・コレクション、第11弾は
『フアン・ソロ』! アレハンドロ・ホドロフスキー作、ジョルジュ・ベス画、12月10日発売予定です!

JUAN-SOLO_Cover_defaultbody

物語の舞台は軍事政権下のメキシコ、ウアトゥルコ・シティ。この町で娼婦として働くおかまの小人が、ある日、ゴミ箱に捨てられた尻尾の生えた赤ん坊を発見します。フアンと名づけられた赤ん坊は、やがて育ての親であるおかまの小人と別れなければならなくなりますが、形見としてもらった拳銃を手に、裏社会でのしあがっていきます。しかし、彼を待ち受けていたのは、思いもよらぬ運命のいたずらでした……。

JUAN-SOLO_1_defaultbody
JUAN-SOLO_2_defaultbody

ユマノイド&パイインターナショナルはホドロフスキー原作作品を精力的に邦訳出版していますが、この作品はそれらの中でも極上の一作。既刊のホドロフスキー&フランソワ・ブック『バウンサー』が好きな方なら絶対にご満足いただけることを保証します。まだホドロフスキー原作バンド・デシネを未読の方でも、映画『エル・トポ』に打ちのめされたという方なら、好きになること請け合い! 何しろこれは、尻尾を持ったフリークスとして生まれ、哺乳瓶代わりに拳銃を与えられた天涯孤独な男が、救世主となる話なのです! 作画のジョルジュ・ベスは本邦初訳のアーティストですが、そのアートは必見のかっこよさです!

JUAN-SOLO_3_defaultbody
JUAN-SOLO_4_defaultbody

ちなみに『フアン・ソロ』は、もともと映画のシナリオとして作られたのですが、主演俳優の死によってお蔵入りになり、後にバンド・デシネの形で日の目を見たといういわくつきの作品。一度は『リアリティのダンス』の後に再びホドロフスキーがメガホンを取るという話もありました。

JUAN-SOLO_5_defaultbody
JUAN-SOLO_6_defaultbody

ホドロフスキー成分がこれでもかというほど濃密に詰まった『フアン・ソロ』。ぜひお見逃しなく!

JUAN-SOLO_7_defaultbody
JUAN-SOLO_8_defaultbody

​海外マンガフェスタにユマノイド出展!

2015年11月10日火曜日

年に一度の海外マンガの祭典"海外マンガフェスタ"が今年もまた東京ビッグサイトで11月15日(日)に行われます。もちろんユマノイドも出展しますよ~

ユマノイドブースではパイインターナショナルさんと一緒に刊行している既刊のバンド・デシネを並べて皆さんのお越しをお待ちしています! 

Humanoids-10-titles-web_defaultbody

また、ユマノイドブースでは、以下のタイムテーブルでバンド・デシネ作家のサイン会も行います!

Laura-Zuccheri-Epees_defaultbody

11:00 - 13:00 ラウラ・ズッケリ
13:00 - 14:00 サヴェリオ・テヌータ
          &カルリタ・ルパテッリ

14:00 - 16:00 ラウラ・ズッケリ


Tenuta-profil_defaultbody


サヴェリオ・テヌータは、ラウラ・ズッケリと同じくイタリア出身のバンド・デシネ作家。

『MANDALA』第1号(講談社)に「CARPE DIEM」という作品を寄せていたので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。
海外マンガフェスタでは代表作の『紅い雲の伝説La Légende des Nuées Ecarlates』を紀伊國屋書店ブースでご購入いただけます。


Saverio-Tenuta_1_defaultbody
LegendesNuees_defaultbody


さらに、『紅い雲の伝説La Légende des Nuées Ecarlates』のスピン・オフ『Izunasイズナス』の作画者カルリタ・ルパテッリもサヴェリオ・タヌータと一緒にユマノイドのブースに来ます!『Izunasイズナス』も紀伊國屋書店ブースでご購入いただけます。

Izunas_Couv_defaultbody
Carlita-Lupattelli_defaultbody
Carlita-dedicace-2_defaultbody

美しいサインを求めの方、是非ともユマノイドのブースに立ち寄ってください。

11月15日(日)は海外マンガフェスタへ!

ラウラ・ズッケリ来日イベント確定!

2015年11月7日土曜日

既にお伝えしたように11月13日にユマノイド+パイインターナショナルから発売される『ガラスの剣』の作画担当ラウラ・ズッケリが海外マンガフェスタに合わせて来日します!

Laura-Zuccheri-Epees_defaultbody

ラウラ・ズッケリは以下のイベントに出演する予定です。イタリアの注目すべき女性作家の来日イベントをお見逃しなく!

サイン会@海外マンガフェスタ
日時:2015年11月15日(日)11:00-16:00
会場:東京ビッグサイト コミティア114 ユマノイドのブース

ガイマン賞2015トークイベント:トニー・ヴァレント×ラウラ・ズッケリ
日時:2015年11月17日(月)18時30分~(18時開場)
会場:コピス吉祥寺B館8階特設会場(ジュンク堂吉祥寺店の上です)
出演:トニー・ヴァレント(「ラディアン」著者)、ラウラ・ズッケリ(「ガラスの剣」作画家)
聞き手:原正人(バンド・デシネ翻訳者)
料金:無料 ※ジュンク堂吉祥寺店で『ラディアン』2巻か『ガラスの剣』を購入いただいた方に整理券をお配りします。お電話でのご予約も承っています。

ガイマン賞2015トークイベント:作者が語る最新ガイマンの魅力―ラウラ・ズッケリ『ガラスの剣』
日時:2015年11月21日(土)16:00~17:30
会場:明治大学リバティタワー8階 1083教室
講師:ラウラ・ズッケリ(バンド・デシネ作家)
聞き手:原正人(バンド・デシネ翻訳者)
料金:無料

魂とイマジネーションの情景―漫画家・画家ラウラ・ズッケリさんを迎えて
日時:2015年11月23日(月)16時(15時30分開場)
会場:イタリア文化会館 アニェッリホール
料金:入場無料。要予約

『ガラスの剣』をご購入いただいた方にはラウラが絵入りのサインを入れてくれますよ。気軽に頼んでみてくださいね。

『テクノプリースト』や『KOMA―魂睡』を電子書籍で読もう! eBookJapanでバンド・デシネお試しフェア開催!

2015年10月30日金曜日

皆さん、ご存じですか? 今年9月から、電子書籍販売サイトeBookJapanで、ユマノイドのすべてのタイトルが電子書籍としてご利用いただけるんです。お値段はなんとフランス語版1巻分(日本語書籍版の第1章)がたったの500円! 10月からは他の電子書籍サイトでもご利用いただけるようになっています。

バンド・デシネが500円で読めるというのはすごいことですが、それだけじゃありません! 10月30日から11月26日にかけて、eBookJapanでは、『テクノプリースト』、『KOMA―魂睡』、『ヴァンパイアの大地』の1巻が、驚きの100円でご購入いただけるんです!

100-yens-campaign-Humanoids_defaultbody

ユマノイド作品をまだ読んだことがないという皆さん! ぜひこの機会にユマノイド作品をお試しください! 詳しくはeBookJapanのこちらのページをご覧ください。

http://www.ebookjapan.jp/ebj/special/st/humanoids....


『ガラスの剣』作画担当ラウラ・ズッケリ来日!

2015年10月19日月曜日

11月13日にユマノイド+パイインターナショナルから発売される『ガラスの剣』の作画担当ラウラ・ズッケリが、海外マンガフェスタに合わせて来日します!

Laura-Zuccheri-web_defaultbody

ラウラ・ズッケリはイタリア出身。端正な写実的な絵の中に見られる女性らしいきめ細やかで優しいタッチが特徴の女性BD作家です。

今回ラウラ・ズッケリは、イタリア文化会館 とユマノイドのサポートを受けて来日し、さまざまなイベントに参加します。詳細は追ってご案内しますが、既に11月15日(日)に東京ビッグサイトで行われる海外マンガフェスタと11月23日(月)にイタリア文化会館で行われるイベントへの参加が決定しています。
またとない来日の機会に、この類稀な作家をぜひ発見してください!

『ガラスの剣』、11月13日発売!

2015年10月18日日曜日

ユマノイドとパイインターナショナルがお届けする2015年のバンド・デシネ・コレクション、記念すべき第10弾は、『ガラスの剣』! シルヴィアーヌ・コルジア作、ラウラ・ズッケリ画で、11月13日発売予定です! 

Epees-de-verre-coverweb_defaultbody

物語の舞台はある牧歌的な世界。少女ヤマは家族と一緒に幸せに暮らしています。ところがある日、一振りの剣が空から舞い降り、聖なる岩に突き刺さります。それは触れる者をみなガラスに変えてしまう不思議な件でした。剣をめぐる騒動の中で、その村の長でもあったヤマの父親は、残忍な傭兵オルランドに殺され、母親はそのオルランドにさらわれてしまいます。間一髪危機を逃れたヤマは、いつの日かガラスの剣を手にし、オルランドに復讐することを誓って生まれ故郷を離れます。やがて彼女は隠者のように暮らしている老剣士ミクロスと出会い、剣の秘密を知ることになります。それは死にゆくこの世界から人々を救うことができる剣でした。はたしてヤマは家族を散り散りにすることになった魔性の剣を手にすることができるのでしょうか? 

Epees-de-verre-1_defaultbody
Epees-de-verre-2_defaultbody


この作品の魅力は何といってもその世界観。カラーのメリットを最大限に活かしつつ、緑溢れる牧歌的な風景と不思議な生物相が描かれていきます。原作のシルヴィアーヌ・コルジアと作画のラウラ・ズッケリは二人とも女性。男性作家が多いBDの世界で、作・画ともに女性というのは案外珍しいかもしれません。女性ならではの繊細な感性がこの世界にさらなる魅力を与えています。

ユマノイドがお送りする女性作家による魅力的なファンタジーをぜひご堪能ください。

Epees-de-verre-3_defaultbody
Epees-de-verre-4_defaultbody

『オリュンポス』、10月14日発売!

2015年10月10日土曜日

ユマノイドとパイインターナショナルがお届けする2015年のバンド・デシネ・コレクション第9弾は、『オリュンポス』! ジェフ・ジョンズ&クリス・グリミンガー作、ブッチ・ガイス画。10月14日全国発売です!

Olympus_JP_COVERWEB_defaultbody

物語の舞台はギリシャを縁取る美しきエーゲ海。ギリシャ神話の昔から名高いこの海で、とある大学の考古学部教授ゲイル・ウォーカーと彼女の学生たちが、ダイビングを楽しんでいます。彼女らはふとしたきっかけから、年代物の壺を引き上げることに成功しますが、そんなところで引き上げた壺がただの壺であるはずがありません。あろうことか、それはかのパンドラの箱だったのです!

Olympus-1_defaultbody
Olympus-2_defaultbody
Olympus-3_defaultbody

壺を手にした瞬間から、主人公たちはさまざまな災厄に見舞われます。現代の世界にもしギリシャ神話の怪物たちが甦ったら? キュクロープスに巨大な海蛇にステュムパーリデスの鳥にミノタウロス… 主人公たちは、次から次へと現れる怪物たちに、パニックに陥ります。

Olympus-4_defaultbody
Olympus-5_defaultbody
Olympus-6_defaultbody

ま だまだお堅いイメージのあるバンド・デシネですが、この作品は正真正銘のエンターテインメント! 肩肘張らずに、気楽な気持ちで読んでください!