JUAN-SOLO_JP_dark_worklogo
JUAN-SOLO_JP_VISUAL_workbig

尻尾を持って生まれ、ゴミ箱に捨てられた天涯孤独の野良犬。
哺乳瓶代わりに拳銃を与えられ、蛮行の限りを尽くした男が絶望の深淵の先に見たものとは――

原作 : Alexandro Jodorowsky
作画 : Georges Bess

アドベンチャー
1巻刊行
短編集

この作品が好きな人には以下もおすすめ…

 

軍事政権下のメキシコ、ウアトゥルコ・シティ。この町で娼婦として働くおかまの小人“おちょこ”は、ある日、尻尾の生えた赤ん坊が捨てられているのを発見する。赤ん坊はフアンと名づけられ、おちょこの元で成長するが、やがて2人の間に別れの時が訪れる。おちょこが形見代わりに残したのは、一丁の拳銃だった。少年フアンはその拳銃で悪ガキどもを従え、裏社会の出世街道を一気に駆け上る。だが、彼を待ち受けていたのは、思いもよらぬ運命のいたずらだった――。
主演俳優の死によってお蔵入りとなった、ホドロフスキーによる映画シナリオ。
ベスの圧倒的な画力により、バンド・デシネとしてついに日の目を見る!

Liste des éditions

フアン・ソロ

フアン・ソロ

224 ページ - 19.7 x 26.6 cm - カラー
書籍販売元 : パイ インターナショナル
2,400円+税

発売中

Alexandro Jodorowsky (原作)
Georges Bess (作画とカラー)




軍事政権下のメキシコ、ウアトゥルコ・シティ。この町で娼婦として働くおかまの小人“おちょこ”は、ある日、尻尾の生えた赤ん坊が捨てられているのを発見する。赤ん坊はフアンと名づけられ、おちょこの元で成長するが、やがて2人の間に別れの時が訪れる。おちょこが形見代わりに残したのは、一丁の拳銃だった。少年フアンはその拳銃で悪ガキどもを従え、裏社会の出世街道を一気に駆け上る。だが、彼を待ち受けていたのは、思いもよらぬ運命のいたずらだった――。
主演俳優の死によってお蔵入りとなった、ホドロフスキーによる映画シナリオ。
ベスの圧倒的な画力により、バンド・デシネとしてついに日の目を見る!



試し読み
  • JUAN-SOLO_1_thumb2
  • JUAN-SOLO_2_1_thumb2
  • JUAN-SOLO_3_1_thumb2
  • JUAN-SOLO_4_thumb2
  • JUAN-SOLO_5_thumb2
  • JUAN-SOLO_6_thumb2
  • JUAN-SOLO_7_thumb2
  • JUAN-SOLO_8_thumb2